MENU

BGAボールはんだ組成の変更(鉛フリー⇒有鉛)

BGAのリボールを行う目的は、本当に多種多様です。

新品部品のボールを取り外して別の組成のボールを載せたいというような要望もいくつかございます。例えば、今作られている部品は鉛フリーボールの部品しか市場にはない。 数百個レベルではカスタム対応をしてもらえない。など、様々です。

お客様よりご相談いただいたのは、この部品を実装する基板の部品で耐熱温度が低い部品があり、鉛フリーはんだでの実装が困難で有鉛はんだでの実装を検討している。ただし、BGA部品のボールが鉛フリーはんだなので実装がうまく行くのか懸念している。という内容でした。

基本的にBGAはボールを溶かさないとうまく接合しないので、鉛フリーのボールを除去して有鉛のボールに変えてみますか?という提案をさせていただきました。

無事、作業も完了し客先での実装も良い結果がでたとご満足いただけました。