MENU

BGAボールはんだ組成の変更
(有鉛⇒鉛フリー+成分分析評価を含む)

BGAのリボールを行う目的は、本当に多種多様です。

新品部品のボールを取り外して別の組成のボールを載せたいというような要望もいくつかございます。例えば、この部品しか世の中に出回っていない。もうEOLでメーカーが作っていない等々。

お客様からの相談内容では、市場にこの部品しかなく、部品のボール仕様(はんだ組成)が有鉛品だった…。世の中鉛フリー化が進み、鉛フリーはんだでの実装が必須の製品であることから、この部品を使うしかないのに、使えない。というご相談でした。

新品の有鉛はんだボールを除去し、繰り返し鉛フリー半田を供給しては吸い取り、最終的に鉛フリーボールを搭載し、成分分析やその他 解析を行ない、見事に含有制限値以下の含有量まで下げ、その作業プロセスで工程承認という流れで、その部品を採用いただきました。